タイ、6月1日から申請後のタイランド・パス自動発行で入国を簡素化|Airline News

written by:タイ国政府観光局

タイ入国前に申請が必要なタイランド・パスは、6月1日からタイ国籍者は申請が不要になります。 タイ国籍以外の方は申請が必要ですが、6月1日からは申請後に自動的にタイランド・パスのQRコードが発行されます。(登録から約1~2時間以内に発行)
また2022年6月1日よりワクチン接種状況によらず、全ての渡航者に対してタイ入国後の隔離措置が廃止されます。(タイ国籍者及びタイ国籍を有しない方ともに)

 

1. 6月1日以降にタイ渡航予定の方の入国手順

タイ入国措置はワクチン接種状況に応じて異なります。渡航日の14日前までに新型コロナウイルスワクチン接種を規定の回数終えており、ワクチン接種証明書をお持ちの方はタイ入国後の隔離措置が免除されます。

ワクチン未接種、もしくは規定の回数終えていない場合は、タイランド・パス申請の際に渡航前72時間以内に発行されたRT-PCR検査または抗原検査(Professional ATK)による新型コロナウイルス非感染証明書をタイランド・パスのシステムに登録すれば、ワクチン接種者と同様にタイ入国後の隔離措置が免除されます。

■ワクチン接種を規定の回数終えており、ワクチン接種証明書をお持ちの方

タイ入国後の隔離措置が免除されます。以下の必要書類をご準備の上、Thailand Passをご申請下さい。

必要書類

①パスポート(タイ入国時に残存有効期間が6カ月以上あるもの)
②ワクチン接種証明書(英文)
③治療費1万USドル以上の治療補償がある医療保険証(英文)

■ワクチン未接種、もしくは規定の回数終えていない方

タイランド・パス申請の際に、渡航前72時間以内に発行されたRT-PCR検査または抗原検査(Professional ATK)による新型コロナウイルス非感染証明書をタイランド・パスのシステムに登録する必要があります。
この場合、タイランド・パスの申請は、渡航前72時間以内に発行された新型コロナウイルス非感染証明書を取得してからとなります。

以下の必要書類をご準備の上、Thailand Passをご申請下さい。

必要書類

①パスポート(タイ入国時に残存有効期間が6カ月以上あるもの)
②渡航前72時間以内に発行されたRT-PCR検査または抗原検査(Professional ATK)による新型コロナウイルス非感染証明書(英文、検査医師の直筆サインが必要)
③治療費1万USドル以上の治療補償がある医療保険証(英文)

詳しくは下記大使館、領事館のホームページにてご確認頂きますようお願いいたします。
・在東京タイ王国大使館 https://site.thaiembassy.jp/jp/
・タイ王国大阪総領事館 http://www.thaiconsulate.jp/jpn/
・在福岡タイ王国総領事館 https://fukuoka.thaiembassy.org/jp/

 

2. タイ国際航空よりファーストクラスを備えた新機材【B777-300ER(77Y)】のご紹介

ボーイング社777-300ERは、新技術を搭載した広々としたキャビンを備えたワイドボディ機で燃料効率が高く、環境に配慮した設計の機材です。タイ国際航空は、ロイヤルファーストクラスを備えた同機材を現在3機保有しており、日本路線では6月3日より関西発TG623へ導入いたします。

■ ロイヤルファーストクラス:8席

代替テキスト
代替テキスト

■ ロイヤルシルククラス(ビジネスクラス):40席

代替テキスト
代替テキスト

■ エコノミークラス:255席

代替テキスト
代替テキスト

 

【関西発着便】
対象便 時期 スケジュール 対象便 時期 スケジュール
TG623便 6月3日~ 関西11:45発 →
バンコク15:35着
TG622便  6月2日~ バンコク23:59発 →
関西07:30翌日着
毎日運航

 ※関係当局の認可が条件となり、スケジュール・機材は予告なく変更となる場合もございます。
 ※2022年10月29日までの夏期スケジュールとなります。

詳細はタイ国際航空ウェブサイトにてご確認ください。
https://www.thaiairways.com/ja_JP/news/news_announcement/news_detail/2022JUN_OSA77Y.page
皆様のご搭乗をお待ちしております。