インフィニ トラベル インフォメーション 自動発券システム 『INFINI Smart Ticketing』キュー発券ツール EMD-A発行対応について

情報番号-

株式会社インフィニ トラベル インフォメーションは、自動発券システム「INFINI Smart Ticketing」の「キュー発券ツール」を2019年8月8日にバージョンアップいたしました。
下記、新機能のご利用にはINFINI Smart Ticketing キュー発券ツールの最新バージョン(Ver8.1.0)へのバージョンアップが必要となります。

<キュー発券ツール バージョンアップ内容>
● 有料座席用のEMD-A発行
キュー発券ツールを利用して、有料座席用のEMD-A発行が可能となりました。事前に「キューボックス設定」の「EMD-A設定」にて有料座席用のEMD-Aを発行したいPNRをキューイングするキューボックス番号を設定するだけで、キューイングによるEMD-A発行が可能となります。
PNR発券時に、ET発券用のキューボックスとEMD-A発行用のキューボックス2か所へのキューイングにより、ET/EMDどちらの処理も可能となります。尚、それぞれの処理結果は、従来通り、指定したキューボックスへキューイングすることができます。

● 旅客種別ごとのコミッション設定
「発券情報設定」の「エントリー設定①」タブにて、旅客種別ごとに支払手段を設定することにより、旅客種別ごとのコミッション設定が可能となりました。

● チケットデータセキュリティ(5WD)専用の入力欄追加
「発券情報設定」の「エントリー設定②」に、チケットデータセキュリティ専用の入力欄を追加しました。これまでフリー欄に設定していた「チケットデータセキュリティ(5WD)」情報を専用の入力欄に設定頂くことで、チケットデータセキュリティが入力済みの場合でも、処理をスキップすることが可能になり、不要なエラーを防ぐことが可能です。

●VOID機能利用時のAC#ALLオプション追加
INFINI Smart Ticketing キュー発券ツールのVer8.0.0(2019年5月リリース)より、キュー発券ツールを利用してのVOID処理が可能となっております。キュー発券ツールにてVOIDを行った際、その後、すぐに再発券ができるよう、AC#ALLエントリーのオプションを追加しました。すでにVOID機能をご利用の方は、ぜひ、最新バージョン(Ver8.1.0)にて、AC#ALL入力オプションをお試しください。

上記以外にも複数の機能改善を行っておりますので、詳細は、INFINI FORESTよりご確認ください。
これからも、INFINIは旅行会社の皆様の業務効率化・生産性向上への貢献に努めてまいりますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

以 上