インフィニ、NDCソリューションを提供開始

情報番号-

㈱インフィニ トラベル インフォメーション(インフィニ)は、かねてからの構想に基づき、国際航空運送協会(IATA)の提唱する新しい流通通信仕様であるNDC(New Distribution Capability)に対応するプロダクトを本日リリースしました。これにより、インフィニは日本マーケットにおいて最初にNDCプロダクトを展開するGDSとなり、今後は従来のインフィニ ソリューション網を活かしたNDCコンテンツ手配のサポートを強化していきます。

インフィニの用意したNDCソリューションは、XML APIソリューションで、2014年からシステム協力関係にある英国のTravelfusion社と共同開発されました。これはインフィニが従来から展開しているAPI仕様の「INFINI HOST-LINK」を通して、NDC対応航空会社のコンテンツ手配を可能とするものです。

Travelfusion社は2016年にIATAによるNDC最高位認証のNDC Certified Level3の認証を受けており、既にヨーロッパを中心に航空会社23社(2018年11月末時点)のNDCコンテンツ手配に対応したソリューションを展開しています。まずはこの中からルフトハンザ グループ(ルフトハンザ、SWISS、オーストリア航空、ブリュッセル航空)のコンテンツ手配を可能とします。対応航空会社は、今後順次追加していく予定です。

 さらに、インフィニのNDCソリューションは、今回のAPI対応に続いて2019年初頭に、現在展開中の専用の予約端末である「INFINI LINX PLUS」に対応します。その中で、GDSとLCCの予約手配に加え、上述のNDC対応航空会社のコンテンツ手配を同時に行えるようにする予定です。    

NDCは統一された規格ですが、認証を受けた航空会社ごとに提供サービスやバージョンが異なる可能性があります。航空座席予約を自社システムに組み込んでいる旅行会社にとって、NDC対応にはこの課題がつきまとうことになりますが、その点インフィニのAPIは従来のGDSやLCCの対応と同様にインフィニが仕様をサポートしており、この課題を払拭します。もちろんインフィニのNDC対応は、これまで日系GDSとして培ってきたきめ細やかなカスタマーサポート力により、旅行会社の皆様を支援する予定です。